FC2ブログ

Entries

温度管理

復習する 主夫です。



寝る前のひと時、実地研修として飲んできたワインの復習でもしようかなと、以前御紹介した本「おとなのワイン塾」を読み返しています。

一度読んでいるので、好きなところから読めばいいやと、ページをペラペラめくっていると、
「ワインを保存する条件」
の章が目に入りました。ちょっと書き出すと、こんな具合です。
 ワインを良い状態で保存するには六つの条件がある。
 (1) 温度:10℃台。低くとも8℃以上、高くとも25℃まで。
 (2) 湿度:最低60%。高湿度ではラベルはカビに冒されやすいが、保存の面ではむしろ好ましい。
 (3) 光 :太陽はもちろん、蛍光灯でも長期間ボトルに当たると変質をする。
 (4) 振動:冷蔵庫等の微振動でも長期間であればワインを老化させる。
 (5) 異臭:ワイン棚の塗装、セロリや香草等の異臭はコルクから吸収されて香昧が変わる。
 (6) 風 :風がボトルに少しでも常時当たっているとコルクが収縮して酸化を起こす。
なんとも厳しい保存条件です。

今年の日本は猛暑。家の中でエアコン付けても27℃ぐらいですから。30℃で1時間放置すると老化が始まるらしい。では、冷えれば良いかといえば、5度以下では色素と反応して酸化が促進されるとの事。非常にデリケート。
酒類販売店も大変です。また、夏にワインを通販で買うならクール便が必須ですね。
まぁ、気にせず楽しく飲む。というところかな。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


← 困惑する主夫に"ぽちっとな"応援お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR