FC2ブログ

Entries

主夫の幸せ

目の色が変わった主夫です。



引越しをした友達一家の自宅で、なにやらDIYを行なうとのことで、応援に行く事になりました。連休の混雑で渋滞しているかな?と早く出発したものの、高速道路はいたってスムーズ。
待ち合わせまでに時間が出来たので、最寄インターを降りてから、国道をのんびり走っていると、「JAひまわりグリーンセンター」の看板が目に入りました。

主夫はこの手の看板を逃すわけには行きません。
 3つ目の信号右折。
 ふむふむ。

中に入ると、そこはパラダイス!

 ホウレン草2把120円。
 キャベツ大1玉140円。
 雪国まいたけ120円。
 いちご200円。
 大根100円。

野菜価格高騰の折、産直だけあって安いです。思わず買い物籠を握り締め、目の色は変わり、完全主夫モード。グリンリーフ2把120円。これも買わねば…。
お米もその場で好きなように精米してくれます。3分づきをお願いして、玄米食もどきに。

帰宅後、冷蔵庫の野菜室は溢れんばかりの緑でいっぱい。
あ~幸せ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


野菜高いよね~と実感している方は"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト

移殖成功

LEDソーラーライトで引っ張る主夫です。



入院中のLEDソーラーライトのドナーさんが見つかったので、早速移殖手術。

先ずは患者さんを分解して、不要になった患部:LEDや反射板のブラケットを切除し、動作しない回路を取り外します。
次にドナーのレインボーソーラーライトを分解して、ソーラーバッテリーは取り外し、患者さんのソーラーバッテリーと半田付けで接続。
ドナーさんの本体と、患者さんの本体をネジで合体させて、あっという間に手術は完了。

やはり回路を始から作成する再生医療よりも、移殖のほうが簡単ですね。古くて割れていた電池ケースも、LEDも、回路も全て新しくなって中身は新生児。
患者さん本体も再塗装して、ちょっときれいになりました。

問題は、LEDがパワーアップしすぎて、15~20秒周期で、赤→緑→青→黄→水色→紫→白→赤と変化する事です。何か落ち着きが無いような…。患者さんのオーナーの雰囲気に合わないような?
でも、LEDを取り替えるだけで単色に出来るので、移植自体は成功ですね。

変化する色を見たい方は、こちらを"ぽちっとな"下さいね。



Nory@Side Home Dad*のホームページ


移殖成功してよかったね~と思ってくださった方は"ぽちっとな"お願いしま~す。

ドナーさん発見

ドナーを探し当てた主夫です。



入院中のLEDソーラーライトは、臓器?提供者:ドナーさん待ちです。

入院患者さんのソーラー電池は40Wの白熱球のそばに置くと、4.0Vもの高出力になります。ですから1.2Vのニッカド電池が2つ直列で入っていて、電気回路は2.4V仕様になっているのです。
患者さんのソーラー電池はそのまま使うため、2.4V仕様のドナーさんを探さなければなりません。

ソーラーライトも日々進化していて、単色の現行品はLED1個。ニッカド充電池も1個。太陽電池の出力も小さいものになっていて、電気回路は1.2V仕様です。これでも昇圧してLEDを6時間ぐらい光らせるのですからたいした物です。
う~ん、感心しても使えない。

いろいろ探し回っていると、1つのLEDでレインボーカラーに発光するソーラーライトを見つけました。ホームセンター コーナンのプライベートブランドレインボーソーラーライトです。
消費電力が大きいので、2.4V仕様になっているのです。

どうしよう。このドナーさんで良いかな?


Nory@Side Home Dad*のホームページ


レインボーカラーて、どんなに光るの?と思った方は"ぽちっとな"お願いしま~す。

専業主婦?

地位の確保が怪しい主夫です。



このところお仕事が忙しく、週末をはさんで西へ東へ出張続き。家事があまりできていません。
一方カミさんは一段落したらしく、さらに、予定されていた仕事もお客様の経費削減の煽りを受けてキャンセルとなって、ほぼ専業主婦状態。

写メールで、
 「美味しそうなマンデルクーヘン焼けたよ~」
なんて、こっちの仕事中に送られてきました。
おまけに、
 「やっぱ専業主婦に向いているんだけど♪」
と、宣戦布告とも思われる追い討ちが。

家に帰ると、マンデルクーヘンのみならず、チーズケーキも焼きあがり、冷蔵庫の中にはフルーツゼリーも有ったりして。このままでは主夫の地位を剥奪されかねません。

とりあえず、
 「主婦はお方付けもできなきゃ~」
と、柔らかく相手を威嚇する外交努力を行っておいたものの、その効果は期待できないのは明らか。連休中は主夫業に勤しまなければ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


主夫の座危うし"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

検査、そして処方は

検査する主夫です。



入院患者さんが宅配で搬送されてきました。
8年前に購入されたLEDソーラーライトです。何やら思い入れがある品物の様で、「治りませんか?」と相談を受けました。

早速検査開始です。LEDソーラーライトの基本構造は3つに分割されます。

1. 半導体で出来ているソーラーパネル。光が当たった時に発電しなくなっていると、お手上げなのでまずはこの部分をチェック。電灯で照らして電圧を計測すると2.7V。生きています。良かった良かった。

2. LED単体で発酵(もとい)発光するかの検査。安定化電源で3.0VをLEDに直接掛けると、ちゃんと発光します。これもO.K.

3. 回路です。ソーラーパネルも、LEDの発光もO.K.となると壊れているのは回路しかありません。

LEDソーラーライトに使われている回路は、充電池2本の2.4Vを昇圧する部分と、明るさを検知する部分、ソーラーパネルの電圧が高い場合は電池に充電し、電圧が低い場合は電池からの電流をLEDに供給する部分から成っています。
言葉で書くと難しそうですが、回路自体は簡単です。とは言うものの、一から部品を買って、造っていたのでは高く付きそうですし、後のメンテナンスも大変です。そこで採り得る手段は、移殖です。もしかして最新医療技術?

ホームセンターでお安いLEDソーラーライトを買ってきて、回路を移殖してしまえばよいのですよ。

というわけで、良いドナーを探さなくっちゃ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


移殖手術は上手く行くの?と思った方は"ぽちっとな"お願いしま~す。

ボッコちゃん登場

チャバタを焼く主夫です。



先日購入した本「酵母から考えるパンづくり」
に掲載のチャバタを焼いてみました。
 「歯科治療中の私が食べられるパンにしてね」
とのカミさんからのご用命が書籍購入の絶対条件なので、焼くしかありません。

粉を捏ねて20分休み、グルテンを出しては20分休ませ、これを3回繰り返し、その後一次発酵が5時間。その間ワインテイスティング・セミナーに参加し、帰宅後続きを…。

生地はドロドロ。デロンデロン。ヒューゲルさんの乗鞍収穫祭で焼いた『スペルトリュスティック』に近い加水率80%ですから無理はありません。
グルテンを引き出すのも、手ではなくスケパーを使います。

オーブンに入れると、どんどん膨らむ。
気を良くしたせいか、ちょっと焦げ気味になりました。
でも、見かけではないのです。スライスしてみるとご覧のとおり。ボッコちゃんがいっぱいです。

そして、美味しい食べ方。
クリームチーズを塗り、生たらこをトッピング。
ふふふ。

カミさんからは、「本が無駄にならなかったね」とお褒めのお言葉を頂きました。
ほっ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


ボッコちゃん出現良かったね~と思ってくださった方は、"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR