FC2ブログ

Entries

片口の嫁入りは


以前からぶらぶら回ったみたいな~と思っていた陶器の産地"多治見"を散歩してきました。

近くに住んでいながら、なかなか思い立たずに延び延びになっていたのです。でも、mimosaさんから面白いギャラリーがあるよと紹介されたり、食事と焼き物を紹介するパンフレットを入手したりとかで、下準備は出来ていたのですよ。

今回は、
「市之倉さかづき美術館」
「ギャラリ ももぐさ」
「Studio O10]
などなど。

市之倉さかづき美術館のギャラリーでは、若手新進作家12人による「若武者12人の茶碗 展」が5/1~開催されています。
そこでようやく、これまでずっと探し求めていた片口に出会いました。

画像は愛用している常滑焼の猪口。この猪口に寄り添ってくれる片口です。

この猪口を焼いた作家さんの片口が有ればいいのですが、見つけることがこれまで出来ず。似た様な白い釉薬の作品もいくつか見てきたのですが、同じ白でも微妙に色が異なったり、雰囲気が違ったり…。

 見付けたのは、鉄の釉薬で焼かれた片口。

この片口は、猪口とは全く逆の視点で黒鉄に近い色なのに、器の雰囲気は同じ…。
その組み合わせを愛でながら 美味しいお酒が呑めそうです。

そうそう。作家さんとお話して、片口の当家への嫁入りは作品展終了後となりました。

そいでもって、歩数は4416。車で廻ったからなぁ~。


今日も"ぽちっとな"ありがとうございます。応援お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR