FC2ブログ

Entries

新作パン


カミサンと一緒に研修を受けているお友達が、帰りに立ち寄られるので、先日買ったワインの試飲会をかねてWine&Dineの会を開催。

「パン焼いといてねー」との事なので、焼きました。

フランスパン用小麦粉"リスドオル"を使って、バタール、バターフランス、セサミブレッドの3種。

国産小麦粉"ハルエゾ+ライ麦細&粗"で、ミッシュブロート、アーモンド&レーズンブレッドの2種。

そして新作の胡桃&レーズン。
これは"カメリア240g+ライ麦60g"
いつも買いに行くパン屋さんの石釜パンを真似て作ってみたのですが、もっと硬いパンを想像していたのに、普通のパンと同じ分量のイーストを入れたため、普通に膨らんで、ちょっと残念。次回はもう少しイーストを減らしてみようと思います。

ワインのお味に関しては、後日のブログで御紹介致します。

あ~、至福であった。
ふふふのふ。




←今日のランキングは何位? "ぽちっとな"お願いします。
スポンサーサイト



夕食の担当 その2


今日も引き続き夕食の担当でございます。

カミさんは通訳の研修で出張中。頑張ってスキルを磨いてもらわねば。なんて。

今夜のメニューは鳥団子のスープ。鳥団子の鍋メニューをスープにしただけなのですが少しコツがあります。

恒例の冷蔵庫に残っている野菜を使います。
人参、生椎茸、白ねぎ。これらを千切りに細くきります。
ねぎは多目に入れると鳥の臭みが取れます。

お湯に千切り野菜を入れ、だし、砂糖少々、塩少々。
鳥ひき肉とおろし生姜、しょうゆ、化学調味料を混ぜて団子にし、鍋に入れていきます。
そして、決して沸騰させてはいけません。沸騰させると灰汁が出てスープが濁り、味が落ちてしまいます。
豆腐を入れて、塩、しょうゆ、お酢で味を調えて出来上がりです。

もう一品を作りながら作れる簡単メニュー。寒い日にお勧めですよ。



←今日のランキングは何位? "ぽちっとな"お願いします。

夕食の担当


今日は久しぶりに夕食の担当。

カミサンが会社員の時は早く帰ってきた方が作るので、今よりは作る頻度が多かったような。当初、豚肉の生姜焼きにしようかな?なんて思っていたのですが、会社から帰る途中、ハンバーグが頭に浮かび…。結局ハンバーグに。

ハンバーグはフライパンで焼き目を付けてから、オーブンに入れます。表面は焼けているので、中に火が通る程度でO.K.ですから、180℃で8分ぐらいでしょうか、フライパンで焼いている間にオーブンは暖めておきます。

食後は定番になっているベーグルを焼きました。600gのハルエゾで12個のベーグルが出来ます。今日もレーズン、ゴマ、プレーンの3種
前回はカメリアで焼いたので、小麦粉の違いが味にどう出るのか楽しみです。



←今日のランキングは何位? "ぽちっとな"お願いします。

イーストの種類は?


かおりんごさんのブログにイーストの事で書き込みをしたら、"白神こだま酵母"を使っていると教えてくださいました。

私が使っているのは、サフ インスタント・ドライ・イースト赤です。低糖用のイーストなので、フランスパンの様に砂糖を入れないパンに向いています。それに増して、酵母の管理とか、予備発酵が不要な事が気楽にパンを作りたい私には向いています。小麦粉に混ぜるだけですからね。

生イーストとか、天然酵母をお使いの方は根性&忍耐力あるなーと感心しています。糠漬を毎日混ぜることと共通点が有る様に思え、母のお仕事のような気がするのです。飽き性&ずぼら私にはとてもとても…。

そこで目標にするのは、手抜きして作る美味しく重いパン。
(あー、こんな事言ってごめんなさい。)
インスタント・ドライイーストでもここまでできる!なんて邪道なこと考えてます。



←今日のランキングは何位? "ぽちっとな"お願いします。

厳選ワインのお店


友人が新事業を始めました。ワインのお店です。

年賀状に近々始めますとの挨拶があったので、今日お店を突撃訪問してきました。
お店と言っても、通信販売なのでオフィスです。そこには700本ぐらいのワインがあり、部屋全体が温度管理されたワインセラー状態に保たれていました。

厳選ワインの通販 Flowlen(フローレン)

今まで存在するワインの通信販売店とは異なったコンセプトのお店にしたいと熱く語る友人。
ワインの産地や年代、葡萄の種類等の説明も大切ですが、何よりもワインを楽しむシテュエーションに合わせたワイン選びが出来るお店にしたいそうです。
記念日のワイン、ホームパーティーのワイン、「神の雫」ワインなんてのもありました。
お値段は高めですが、日本にインポートされる量が少なかったり、BIOワインだったり、イタリアレストランで長年ワインを提供してきた方と共同でこれぞ!と思うワインを厳選しているとのことです。

私も早速誘惑に負けて買ってきました。オフィスで直取引です。

1本は「ビノグリ」私の好きな種類です。でも流通量が少ない&美味しい物はもっと少ない。
もう1本は「是非試して」と推薦されたクロ・デュ・カイユ フランスの赤。ブルゴーニュを抜く勢いで成長してきているワインです。

あ~週末が待ち遠しい。



←今日のランキングは何位? "ぽちっとな"お願いします。

コーヒーポット検討中


珈琲がないと生活できない私にとって、朝はもちろん珈琲から始まります。カミサンと私の2人が飲むので、使っているのは赤いホーローのポット。ちょうど400ccぐらい入り、長年使っています。

夜は、私とカミサンと息子の3人が飲みます。するとこの赤いポットでは足りません。そこで、もう少したくさん入れられるポットを探し始めました。

スエーデンのアンティークポットで気に入ったものがあったのですが、他の食器と洗ったり、キッチンやカウンターの上に出っぱなしになることが必定のため、割れないかと気を使いそうです。できれば金属製のものにしたい。

次に見つけたのが、イギリスの60年代のアルミポットです。取手と蓋のつまみが木製で結構おしゃれ。でも、日本で買うととても高い。

そこで、どうせイギリスならばという事で、英国のオークションを覗いてみました。日本のYahooオークションではなかなか気に入ったものが見つからないのに、欲しいものが目白押し。どれにしようか迷ってまう。

とりあえず、気に入ったものをBookMarkして、Bitして、落札日時を待つばかり。

これも楽しみです。



←今日のランキングは何位? "ぽちっとな"お願いします。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR