FC2ブログ

Entries

浅草橋で ぶら主夫

もしかしたら? 主夫です。

浅草橋界隈をぶらぶら歩いていたとき、今までも通ったことがある道なのに気が付かなかった看板建築を見付けました。

20180919-1.jpg

ビルの隣にひっそり建っていて、トタンと銅板の錆具合がいい味出しています。

正面から見てみたら、完璧と言っていいほど傾いていて、ビルが無かったら自立できるんだろうか?と思うほどです。
20180919-2.jpg

この看板建築。ビルを建てるときはどうしたんでしょうか?左側の空き地から倒れないように引っ張っていたのかな?
さらに、銅板の雨戸隠し?が右側だけに有って、何だかバランスが良くありません。

もしかして、今のビルの場所には同じ看板建築の建物が続いていたんじゃないかと…。
こんな感じです。
20180919-3.jpg

これなら納得できますね。でも、右側をビルに建て替えるときは、半分に切ることになったわけで…。
ますますどうやって残すことが出来たのか?不思議な建物ですわ。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

尾道 建物散歩3

いろいろあります 主夫です。

尾道には木造の古民家だけではなく、いわゆる看板建築のような建物も残っています。

尾道駅南口にある建物。1階はそうさい店のようですね。中国新聞の看板が大きいので、新聞社かな?と思いましたが違うようです。
20180616-01.jpg

こちらは旧住友銀行尾道支店。何かの事務所として使われている雰囲気ですが、ちょっともったいないような気がしますね。
20180616-02.jpg

猫が横たわっていました。
20180616-03.jpg

そのお隣にある新喜商店。横壁はトタンが張られていて、建物自体は木造なのか?コンクリートなのか不明。これでもか!と取り扱いメーカーの看板を掲げ、元気と言えばそのとおり。
20180616-05.jpg

アーケードの中にある大和湯。閉まっていましたが、銭湯として使われているのエは無く「ゆーゆー」というカフェの様です。入口に番台が有って、男女別で、壁には富士山!だったら面白いのに~~ぃ。
20180616-04.jpg

海岸通りにある建物。右は木造の看板建築。左は蔵でしょうか?顔みたいで面白い。
20180616-10.jpg

そろそろ散歩を終え、軽く呑みたくなったので、尾道駅北口すぐの『MATIN SUN BLE』さんに入ってみました。ここも古民家をリノベーションしたらしい。(HomePage)
20180616-06.jpg

若いご夫婦がやってます。ご主人に話を聞くと、数年前に大阪から移住されたようでした。
20180616-07.jpg

Take Outもできるデリやキッシュをおつまみにすることもできて、軽めのディナーにちょうど良いです。
20180616-08.jpg

美味しさに、思わすワインがすすんでしまいました。
20180616-09.jpg

尾道散歩はこれにて「終演」

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

尾道 ロケ地散歩2

30数年ぶり 主夫です。

主夫は学生時代に尾道に一度だけ来たことがありました。同級生が大林宣彦監督、原田知世初主演の「時をかける少女」のファンで、尾道のロケ地に行ってみたいというので、友人数人と訪れました。

同じ映画でも、今回は主夫が最も好きな映画『東京物語』のロケ地を巡ります。多くの方が小津映画の足跡を尾道に辿っているので、詳しくはNetで検索してみてくださいね。

先ずは映画の冒頭に出てくる常夜灯の灯篭。バックに尾道水道と桟橋が見えます。
20180615-01.jpg

ロケ地は「住吉神社」。
浄土寺境内にあった住吉神社をこの住吉浜に移して港の守護神としたとのこと。
20180615-03.jpg

御社の東側に灯篭があります。
20180615-02.jpg

映画の後半に出てくる桟橋。
20180615-04.jpg

尾道には駅前渡船、福本渡船、尾道渡船、十日市元町桟橋など、使われている桟橋が幾つかありますが、映画に出ているのは中央桟橋です。
20180615-05.jpg

住吉神社から見えていた桟橋で、常時は使っていないような感じでした。
20180615-06.jpg

桟橋からはのんびりと尾道水道を渡る渡船の様子が見れて、眺めていても飽きません。
20180615-07.jpg

主人公の周吉(笠智衆)とその妻のとみ(東山千栄子)が暮らしている坂の上から見える尾道水道。
20180615-08.jpg

建物の様子は変わっていますが、向島の山の形は変わっていませんね。
20180615-09.jpg

紀子(原節子)が三男敬三(大坂志郎)の到着を知らせる有名なシーン。
20180615-10.jpg

「あぁ、きれいな夜明だった。 あぁ、今日も暑うなるぞ」
20180615-11.jpg

場所は町の東側にある浄土寺の境内。
20180615-14.jpg

浄土寺は616年、聖徳太子の創建と伝えられるてて、足利尊氏が九州平定や湊川の戦の際、戦勝祈願をした寺としても有名だとか。
20180615-15.jpg

灯篭の場所は変わっているようです。
20180615-12.jpg

お葬式も終わり、息子や娘が東京・大阪にそれぞれ戻った後、いつもと変わらない庭の手入れをする周吉。背景に浄土寺の国宝「多宝塔」が見えます。
20180615-13.jpg

一番最後に紀子が列車で帰る様子を示す山陽本線。
20180615-16.jpg

この様な風景ですね。
20180615-17.jpg

つづく

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

尾道 古民家散歩1

ええわ~ 主夫です。

民泊、空き家再生の先進的取り組みとして有名な尾道の「NPO法人尾道空き家再生プロジェクト」(HomePage)
気になったので行ってみました。

尾道駅。駅は再開発中で新しい駅舎を建築していますが、レールを使った島ホームは健在で、美しい姿を保っています。
20180614-01.jpg

賑やかな南口ではなく、ひっそりとした地元民御用達の北口から出ます。
20180614-02.jpg

170m歩いて路地の中に再生物件の『三軒家アパートメント』(HomePage)があります。
20180614-03.jpg

アパートメントの中にある「尾道レコード」さん
20180614-04.jpg

お向かいに引っ越した「尾道お散歩きもの 乙女屋」さん、
20180614-05.jpg

店先の豚さん+多肉植物が良いですね~。
20180614-06.jpg

三軒家アパートメントから100m先にある『旧和泉家別邸:尾道ガウディハウス』 (解説)
20180614-07.jpg

現在再生作業中。
20180614-08.jpg

尾道名物の細い路地を歩いて、次に向かいます。
20180614-09.jpg

尾道にはアチコチに猫が居ます。お昼寝爆睡中。
20180614-10.jpg

観光名所千光寺近くにある『みはらし亭』(HomePage)
20180614-11.jpg

平成27年:1月に大改修工事に着手し、平成28年:春、完成。尾道ゲストハウス「みはらし亭」として活用されています。
20180614-12.jpg

絶景の坂の上に建っています。千光寺山ロープウェイも間近。
20180614-13.jpg

建物の2階がドミトリーですね。
20180614-14.jpg

1階はCafeになってます。
20180614-15.jpg

景色を眺めながらのお茶もいいなぁ~
20180614-16.jpg

窓の外はこんな風景。
20180614-17.jpg

主夫は今流行?のカクテルビールにしました。今日のお昼ご飯はこれだけです。
20180614-18.jpg

外からは天寧寺三重塔を望みながら、山陽本線の俯瞰撮影も出来ますよ。こっちがMainだったりして。
20180614-20.jpg

つづく


にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

古地図さんぽ

面白そう 主夫です。

先日友人と飲んだ時に、「最近古地図アプリを使って散歩している」という話を聞きました。
アプリは、『こちずぶらり』というもので、ATR Creativeが制作していて、一部の地図は有料だけど、だいたいFreeです。
こちずぶらり
さっそく、ダウンロードしてみました。
20180522-1.jpg

主夫の心をつかんだのは、1911年の東京電車案内図。
20180522-2.jpg

1911年は明治44年。地図によると、山手線や中央線はまだ東京駅とは繋がっておらず、万世橋停車場、秋葉停車場となっています。
20180522-3.jpg

いま、万世橋跡は、リノベーションされてきれいなショップやカフェ等になっていますね。
『mAAch ecute 神田万世橋』 (HomePage)
20170518-3.jpg

20170518-4.jpg

お江戸での散歩の楽しみが増えそうです。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

にっぽん建築散策 新旧比較

これは面白い 主夫です。

季刊誌に掲載されてる小林康彦さんの『にっぽん建築散策』。今回(第52回)は会津若松でした。まてよ、以前にも会津若松が掲載されていたような…。
第1回から全てPDFにしてあるので、調べてみたら第4回がそうでした。2012年です。

両方に記載されている建物のスケッチを比べてみたら、
『御三階』は落ち着いた感じに、
20170923-1.jpg

『旧会津実業信用組合』は立体的になっていました。
20170923-2.jpg

No4.では建物のスケッチが他に2軒だったけれど、No52.では「若松栄町協会」や、「池田種苗店」「六ッ角大正館」なども増えて、建築散策として充実しています。
こんなリニューアルも楽しいですね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR