FC2ブログ

Entries

ARASHI その経済効果は

ええ男やわ~ 主夫です。

姪っ子が遊びに来ました。
なんでも、ARASHIのコンサートに行くらしい。 訊けば観客動員数4万人だとか。
コンサート会場近くの地下鉄の駅は人で溢れ、ホームに入れない。
乗り継ぎのターミナル駅周辺のレストランはどこも長蛇の列。

20191214-0.jpg

2020年の活動休止までの2年間の経済効果は3249億円と試算した大学教授まで居るそうで、コンサート参加者だけで4万人も集まるんだから、そりゃそうかも~。

で、主夫にとっては、ARASHIって誰? というのが本当のところ。
芸能ネタ全く分からないんです。

そして、ARASHIと言えば、やっぱりこのお方。
嵐勘十郎。
20191214-1.jpg

鞍馬天狗! 『杉作、日本の夜明けは近いぞ!』(林家木久扇創作)
20191214-2.jpg

ええ男やわ~。

映画、観ようかな。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



 『おかえり、ブルゴーニュへ』

もう一度 主夫です。

連休初日。カミさんと夫婦割引1,100円/人を活用して映画を観に行きました。
 『おかえり、ブルゴーニュへ』 公式サイト
20181123-1.jpg

映画のストリーも面白いことながら、ワイナリーを守り、ワインを作り続けていく方法、例えば、小さいときから目隠しして色々な味を覚えさせられたり、収穫時期の判断、除梗の比率、作り手がどのようなワインにしたいかなどや、運営していく上での苦労もよく判る内容でした。

四季で移り変わるワイナリーの姿を見れるだけでも、ワイン好きには満足の行く映画です。
Youtube 本編冒頭映像
20181123-2.jpg

ブルゴーニュ、もう一度ゆっくり行きたいなと思ってしまいました。
20181123-3.jpg

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Bienvenue chez les Ch'tis (Ch’tisの地へようこそ)

予習しとけばよかった 主夫です。

カミさんが、フランス北部に住む友人からお勧めされた映画 『Bienvenue chez les Ch'tis (Ch’tisの地へようこそ)』を借りてきました。(Youtube)
20180913-1.jpg

『アメリ』や『最強のふたり』をおさえてフランス国内で歴代興行収入 第2位を記録した映画です。南仏で働く郵便局員フィリップがある日北部への転勤を命じられ、初めは嫌々ながらも人々との交流を通じて北部の魅力に引き込ま れていく、という物語。(Webから)

日本で公開されていないので、字幕は仏語か英語。主夫は仏語判らない&英語もぼちぼちだから、テンポの速い言葉のやり取りに付いて行けません。というのも、この映画の面白いところは同じフランスでも南と標準語?と北で、方言が異なる所から始まるからなのです。

旅行で映画の舞台となったBergues(ベルグ)に立ち寄った時は、この映画の存在&面白さを知らなかったので、なんとももったいないことをしました。
町の観光協会には10年前の映画だけど、顔ハメ看板があったり、
20180913-2.jpg

ロケ地のクリップが有ったりしましたっけ。
20180913-3.jpg

映画を先に観て、予習しておけばよかった~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

ホルテンさんのはじめての冒険

やっぱり映画 主夫です。

先日発見した一般社団法人 日本民営鉄道協会の広報誌『みんてつ』。(こちら)
バックナンバーを読んでいたら、羽生次郎さんが2012年 No.41 春号まで「鉄道と映画」というコラムを35回にわたり連載されていることを見付けました。
鉄道と映画が好きな主夫にとっては、とても楽しいコラムです。

その中で紹介されていた映画のひとつ、2007年ノルウェーでベント・ハーメル監督が撮った、
「ホルテンさんのはじめての冒険」が面白そう。(Youtube)
20180426-0.jpg

羽生氏の解説によれば、
 「『ホルテンさんのはじめての冒険』は、日常性から離れた出来事が次々と映し出されるが、映画自体の主張はハッキリせず、出来事の早いテンポの展開自体が主題であるようなハリウッド製の映画とまるで異なり、日常の中でのエピソードの積み上げにより、監督の表現したいことが次第に明らかになるオーソドックスな手法がとられている。その意味では、日本の小津安二郎監督の喜劇作品と一脈通じるところがあるように思えた。」
とあり、これだけでも観る価値が十分です。

加えて、
 「もう一つ特筆すべきは、鉄道シーンの美しさである。主人公の勤務していたベルゲン急行は、首都オスロとベルゲンを結ぶ全長約500キロの鉄道路線であり、千メートルを越す標高差を約六時間半かけて走るヨーロッパにおいてかなり有名な鉄道景勝ルートのようである。映画ではこの景勝ルートを運転席や客車から見ることができる」 とも。

我慢できなくなって、レンタル落ちの中古DVDを買ってしまいました。(Amazon)
20180426-1.jpg

その他の解説はコラムや、Amazonのカスタマーレビューを読んでいただくとして、鉄道運転手のO’HORTEN が主人公のこの映画で映し出される鉄道映像の一部を紹介しましょう。

オープニングに出てくる雪の中を走る列車の俯瞰撮影シーン。
20180426-6.jpg

タイトルを上手く配置した前方展望の走行シーン。
20180426-3.jpg

転車台の有る屋内型の機関車車庫とか、
20180426-9.jpg

その車庫から電気機関車が出て行く場面。
20180426-2.jpg

運転歴40年のホルテンさんが列車を車止めぎりぎりに停車させることによって、確かな運転技術を持った運転手であることを暗示させるシーンとか、
20180426-7.jpg

滑らかに発車してゆく場面。
20180426-8.jpg

他にもオスロの路面電車。
20180426-5.jpg

運転手仲間が集った時の鉄道員らしい儀式など、
20180426-4.jpg

鉄オタには必見の映画。

もちろん羽生氏の解説にもあるように、大人のしっとりした、、後から思い出すと思わず含み笑いしてしまうような場面がある佳作です。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

アキ・カウリスマキ監督作品

行こうかな? 主夫です。

最近少しお気に入りの映画監督「アキ・カウリスマキ」。(Wikipedia)

フフィンランドの映画監督で、その作品はハリウッド映画との対極にあると言ってもいいほどの地味な展開。1990年作品の「マッチ工場の少女」もそうだけど、
20171207-1.jpg

「街のあかり」 なぞは、2006年作品なのだけれど、本当に時代背景が2006年?とか思ってしまう。
これは2011年の「ル・アーヴルの靴みがき」も同じような感じ。この作調は、1993年フィリップ・リオレ監督作品の「パリ空港の人々」 にどことなく似ていたりする。
20171207-2.jpg

映画の中にはヘルシンキの路面電車なども出てきて楽しめます。
20171207-3.jpg

そして、ついに最新作「希望のかなた」が公開されました。
(公式URL)
20171207-4.jpg

観に行こうかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

SNCFの動画

判れば楽しい 主夫です。

ちょっとフランスの鉄道動画をYoutubeで探していたら、SNCF - MEDIATHEQUE というロゴが入った動画が結構たくさんあることが判りました。
20170924-1.jpg

SNCFのサイトでもOpen Archivesとして公開しているんですね。
たとえば、こんな動画がありました。
http://openarchives.sncf.com/archive/trsardo1270
もちろん言語は全てお仏蘭西語。鉄道関連のフィルムなので、観ているだけで結構楽しいですが、言葉が判ればさらに面白いんだろうなぁ~。

蒸気機関車の運転手さんがカッコいいです。
20170924-2.jpg

20170924-3.jpg

せめて英語のSubTitleがあれば、何とかなるのに…。
むむむ。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから29年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって28年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR