FC2ブログ

Entries

旬のブロッコリで 地球温暖化対策

褒めてくれるかな? 主夫です。

11月になってブロッコリのが旬を迎えてスーパーにお安く並ぶようになりました。最も美味しい旬の時期は晩秋の11月頃から冬3月頃だそうです。
20191108-4.jpg

茹でるためにお湯を沸かしながら、ふと、主夫は気づきました。
大きめのブロッコリを茹でるには、1リットル以上ものお湯を沸かさないといけないんです。
ガスコンロで5分掛かります。
20191108-5.jpg

でも、蒸す方法にすれば、水の量は150ml程度で十分で、水の削減効果は7分の1。
使うエネルギーの削減効果はもっと大きくなるはずです。蒸すときもとろ火で5分ぐらいですからね。
なので、蒸す方法に変更することにしました。

人参も一緒に蒸しました。
20191108-1.jpg

ブロッコリーの茎の部分と人参を入れて2分蒸し、残りのブロッコリーを入れて3分。
20191108-2.jpg

蒸し終わったら冷蔵保存しておけば、OK。
20191108-3.jpg

茹でるとビタミンCがお湯に沢山溶け出すけれど、蒸せば、ビタミンの大量流失を防ぐことができるらしい。

ガスエネルギーの削減も大きいので、CO2の排出も減らして地球温暖化に貢献。
グレタ・トゥンベリさんに褒めてもらえるかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



ふるさと納税の返礼品で 「おせち」の手配は断念

むむむ、今年は… 主夫です。

11月に入ったので、そろそろ年始のおせち料理の手配をしようかなと。
2016年からふるさと納税の返礼品で頂いていたので、今回もそうしようと調べていたら、大きな変化に気づきました。

2016年に頂いた佐賀県有田町の「宗政酒造」の4段重は、2016年の寄付金額3万円でした。
それが、2018年には4万円に上がり、今年2019年は5万円。
20191103-2.jpg

寄付金額が大幅に上昇していて、2016年から比べたら66%UP。

2018年に寄付額25,000円で頂いた、福島県中島村の京都「洙樂庵」減塩おせち 2段重は扱っている自治体が有りません。
20181101-3.jpg

福島県中島村は総務省様のお怒りを受け、期間限定のふるさと納税の対象となる地方団体に指定されました。期間は令和元年10月1日から令和2年9月30日までと、1年間延長となったものの、中島村のHomePage には、「本年より村産品のみを返礼品として取り扱うため、おせちを取り扱う予定はございませんのでご了承下さい。」との記載が有ります。
同じような状況で、おせちを返礼品として扱う自治体が減ったんじゃないかな?

そこで、2万円以上の寄付額で、「おせち」を返礼品数としている数を、ふるさとチョイスのサイトで調べました。
寄付額と返礼品数をグラフ化すると、下図のようになり、10万円未満、5万円以上が最多で139となります。
20191103-0.jpg

さらに、3~10万円のレンジで、個数が多い寄付金額を抽出して、返礼品がネット通販で通常に販売されている値段と比較しました。
20191103-1.jpg

そうすると、ほぼ全てが総務省様の通達どおり、寄付金額の3割~1/3を返礼品としています。
そして、6万円を超えると30%になることが判ります。

う~ん、
今年はふるさと納税の返礼品で「おせち」を頂くことは止めることにしました。
ふつうにデパートとか、ネットで注文した方がよさそうですから。
20191103-3.jpg

同じ5万円を寄付するとしても、1万円を5つの自治体さんに寄付した方がよさそうですからね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

秋の超熟WEB応募キャンペーン 応募したら

初めてかも? 主夫です。

毎朝食べているPascoの食パン超熟。最寄りの食品スーパーで毎週特売が有り、1週間分買って冷凍してます。
パスコは「トーストで楽しむ 秋の超熟WEB応募キャンペーン」(HomePage)をやってまして、1斤買うと1Pointもらえるんです。

20191024-4.jpg

パンメーカーはず~っと昔から、春と秋にキャンペーンやって来ましたよね。昔は集めたポイント数に応じて、必ずお皿や食器がもらえる形式でしたが、それがいつの間にか応募ハガキにポイントシールを貼って郵送する抽選形式に変わり、今ではスマホを使ったユーザー登録&抽選です。
20191024-0.jpg

WEBキャンペーンサイトで応募すると、即時抽選開始で結果が発表されるので、応募者も企業側も手間とコストが掛かりません。企業側はユーザー情報の登録業務が減り、かつ、ポイントシールの番号でマーケティング・リサーチも出来ちゃうという、便利な仕組みになりました。
20191024-1.jpg

さて、主夫が狙ったのは5ptで当たる「レコルト クラシックケトルリーブル」 400名様。Amazonで6,600円のお品。
20191024-3.jpg

もちろん ハズレました。 あはは~
20191024-6.jpg

ハズレた人にもリベンジ抽選Amazonギフト券500円分 6,100名様があり…。
なんと! こちらに当選。500円分Getしました。
パンのキャンペーン抽選に当たるのは初めてかも。
20191024-2.jpg

これじゃぁ、元々1ptコースのAmazonギフト券を狙った方がいいのかしらん?
それとも、上位応募コースが外れた方がリベンジ抽選で当たる確率が高くなるのかしらん?
う~ん、微妙。

どちらにせよ、ユーザー登録にはSNSが必要なので、スマホは必須。
20191024-5.jpg

スマホのシェアってすでに頭打ちだと思うけれど、SoftBankのスマホデビュープランのようにガラケーユーザーをターゲットにして、残り少ないユーザーをも刈り取る作戦はいまくいくのかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

久しぶりに パン 焼きました

これも年寄りの杞憂? 主夫です。

カミさんのお友達ご家族が遊びにみえまして、パンを焼いてほしいとのリクエストが有り、数年振りに焼きました。

20191011-1.jpg

プチハード系のパンで、使った小麦粉はオーベルジュとライ麦全粒粉中挽ヘルゴラント。
準強力粉のオーベルジュの小麦の産地は北米、オーストラリア他。
ライ麦のヘルゴラントはドイツ、カナダ主体。

お友達もご自分でパンを焼かれているのですが、その訳は、砂糖の入ったパンをご家族が好きじゃないから。今回も使ったのは粉の他にはドライイーストと塩のみ。モルトシロップも入れていません。
発酵を助けるために、ポーリッシュ製法にしました。
20191011-2.jpg

日本のパンって、お砂糖入っているものが多いですよね。食パンも、菓子パンも、下手すると、フランスパンにも入っていたりします。何故だろう?と考えたら、煮物などに代表される日本食には、砂糖を使った料理が多いからなんじゃないかと。そもそも御飯(米食)自体が糖分ですからね。

そして、今流行りの高級食パン。
20191011-3.jpg

流行の訳は、製法に特徴が有るのはもちろんですが、
 「1000円でパンを買うなら、従来型のパン屋で『どのパンがおいしいだろうか』と迷うより、2斤1000円でお釣りが出るぐらいの価格で、間違いなくおいしいものが買えるという食パン専門店の方が、消費者のニーズに合っているのだと思います」
と言うことらしい『高級食パンは「ブーム」から「ジャンル」へ 仕掛け人が語る食パン人気のワケ』

そこで主夫は不思議になりました。高級食パンといえども、1日に2,000本も売れるとなれば、どんな小麦粉使っているのだろうかと?
20191011-4.jpg

粉で検索したら、高級食パン用小麦粉というのが有りましたが…。
う~ん、どうなんでしょうね?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

今年は宮崎県の『須木栗』

秋ですね 主夫です。

まだまだ暑い日が有るけれど、スーパーに栗が並ぶようになりました。もうすぐ10月ですからね。
 日経Plus1の『秋味わう ぜいたくモンブラン』記事を見たからなのか?カミさんから「栗を入手せよ」とのご指示。

モンブランの1位は『小布施堂の朱雀モンブラン』(小布施堂)。一個1,728円だとか…。

20190927-0.jpg

そういえば、ホテルニューオータニのSATUKI 高級モンブランのお値段は3,300円(税抜)だったっけ…。
う~ん、ついて行けません。
20190927-6.jpg

さて、カミさんからご指示を頂くまでもなく、主夫はあらかじめ注文しておきました。
 宮崎県小林市のふるさと納税 須木栗3L 約2.0kg
ちょうど届きました。
20190927-1.jpg

80℃のお湯2Lを用意して、
20190927-2.jpg

1kg の栗を入れて1分間茹でます。
20190927-3.jpg

ざるに引き上げて
20190927-4.jpg

机の上で陰干し。
20190927-5.jpg

乾いたら穴の開いたビニール袋に入れて、もしくは新聞紙にくるんで冷蔵庫へ。
これで2か月は保存可能です。
20171023-7.jpg

渋皮煮に栗ご飯。栗きんとん。カロリー高いけれど美味しいよね~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

カミさんが ○○ 買って来ました。

いまさらだけど 主夫です。

カミさんがスーパーで『おからパウダー』を買って来ました。
なんでも、何かの集まりの時の話題に出たらしく、低糖質ながら食物繊維やたんぱく質が豊富と言うことらしい。
20190921-1.jpg

いったい何処が作っているのかな?と裏面を見たら、徳島県の「さとの雪食品」で、豆腐関連食品を作ている会社でした。
20190921-2.jpg

さらに、Netで調べたら、キッコーマンにマルコメなど、大豆に関連するいろんな食品会社が作っている様で、一般社団法人日本乾燥おから協会(HomePage)なんて団体まであるんですね。
20190921-4.jpg

そして、乾燥おからの消費量は右肩上がり。おからパウダーブーム凄いわ~。
20190921-5.jpg

おからは食品廃棄物として飼料や肥料に使われていましたが、技術革新によって乾燥させることで、高付加価値の食品として日の目を見ることになったんです。

そして広島県三原市にある豆腐関連食品会社「やまみ」は、なんと東証1部上場企業。
豆腐関連だけで売上高109億円!ってどんだけ~。
20190921-3.jpg

主夫が子供のころは、町の豆腐屋さんがリヤカー引いて売り歩いていました。
20190921-6.jpg

あの頃の豆腐が食べたいような…。
あ、老人化してます。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR