FC2ブログ

Entries

またまた宮脇さん 『終着駅へ行ってきます』 

凝りもせず、ますますオヤジ化する? 主夫です。

またまた図書館で宮脇俊三さんの本を借りてきました『終着駅へ行ってきます』(Amazon)
処女作の『時刻表2万キロ』(Amazon)から6年後の1984年に初版が発行されていて、国鉄だけではなく上田交通や名鉄谷汲線などの地方私鉄にも乗車されています。
20190920-0.jpg

本来は月刊誌「旅」に連載されたもので、「旅」では写真と文章の両方が掲載されていたそうですが、単行本では文章と地図しかありません。でも、宮脇さんの文章を読んでいると、路線や沿線の風景が想像でき、それが面白いのです。そして、「その路線に乗ってみたいな」と思うのです。

最近、「鉄道」関連のテレビ番組などが増え、「鉄」は市民権を得てきてますし、いろいろな地方鉄道も紹介されるので、それはそれで楽しい。でも、番組見ていると「鉄道」が主役なのか?「飲食」が主役なのか?判らなくなることの方が多いのよ。
20190920-4.jpg

番組のバックナンバー見ても、紹介されているのは発見した飲食店とかが多くて、「鉄」要素はまるでありませんから…。(愚痴です)

さらに、先日再放送されたNHKの「所さん!大変ですよ」の番組「観光列車ドキドキ旅 でも○○がない!?」では、観光列車の車両にトイレが無い事を問題視しているような雰囲気でした…。
20190920-1.jpg

列車にトイレを設置したり運用するにはコストの面で赤字のローカル鉄道には大きな負担になるんですわ。ちゃんとトイレ休憩の停車時間を設けているので、それで十分じゃないかと。
そりゃね、昔の駅のトイレと言えば、ボロイ、汚い、臭い、水洗じゃない、洋式じゃない、落書きいっぱいという具合で、入りたくないトイレの代表の様でしたが、今はキレイになっていますよ。

例えば、JRの赤字路線を引き継いだ北条鉄道。
20190920-2.jpg

トイレの汚い場所に人は集まらないと、トイレをリニューアルしています。
20190920-3.jpg

長(おさ)駅の駅舎は大正4年築の登録有形文化財。古い駅舎は大切に維持する一方で、トイレは新築!これは利用者も嬉しいはず。さらに、「トイレおそうじ列車」なんて企画もありまして…。
20190920-5.jpg

やりますね~北条鉄道。

鉄道番組見た人が車で取材地を廻らないで、鉄道に乗ってほしいと思うのでした。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



HMV&BOOKS online 使えるかも

無料に弱い 主夫です。

先日購入した宮脇俊三さんの本『ローカルバスの終点へ』(Amazon)を読んでいるうちに、処女作『時刻表2万キロ』(Amazon)も読みたくなりました。
実は、今まで読んだことが無かったんです。
20190914-1.jpg

早速図書館で借りて読み始めると、ローカル線や盲腸線が主な舞台で、これは面白い。

神岡線(現:わたらせ渓谷鐡道)
20190909-05.jpg

氷見線
20190305-02.jpg

越美北線
20190302-05.jpg

松浦線(現:松浦鉄道)
20190525-11.jpg

大村線
20190512-04.jpg

北条線(現:北条鉄道)
20180424-03.jpg

小野田線
20190724-07.jpg

岩日線(現:錦川鉄道錦川清流線)
20190318-16.jpg

上げたらきりがないけれど、主夫も乗ったことのある路線なので、親近感が沸いて読んでいて楽しい。
こりゃ、単行本を買うしかないな。とNetで探したら、Amazon以外にはあまり出品が無くて…。
と、そんな時。初めて知ったサイトに古本を発見。
ローソンが運営している「HMV&BOOKS online」(こちら)
20190914-2.jpg

中古も扱っていまして、販売と買い取りの双方やっているみたい。
20190914-03.jpg

そして、ローソン系だからPontaポイントが使えるし、通常216円の配送料が、ローソンの店舗受取にすると無料になるんです!。
主夫は無料に弱い!!
20190914-4.jpg

1冊在庫がヒットしまして即注文しました。 

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

ローカルバスの終点へ

バスも面白いです。 主夫です。

先日購入した旅行作家の宮脇俊三さんの本『終着駅は始発駅』(Amzon)をAmazonで検索したからなのか?あなたにお勧めの本とかで、「宮脇俊三 電子全集10 『途中下車の味/ローカルバスの終点へ』」(Amazon)というのが表示されるようになりました。

ローカル路線バスといえば、太川さん蛭子さんコンビの人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」ですよね。
20190911-2.jpg

目的地に辿り着けるのか、それとも失敗に終わるのか?お二人の性格が対極?なこともあり、主夫の好きな番組の一つでした。
カミさんは、あまり好きじゃないようで、「Netで調べたら判るんじゃないの?」とのことでして…。
でも、それじゃぁ面白くないのよ。

さらに、電車の時刻は乗り継ぎ案内等で簡単に調べられるけど、バスの時間はそうはいかないのよ。
今や公共交通のバスは人手不足と過疎化による乗客の減少で衰退傾向。バス会社が運行している路線は減って、自治体が運営している地域バスや、予約主体のオンデマンドバスが増えて、その形態は様々。

そこで、主夫が乗り鉄計画の際に利用しているのが、『バスルート - 全国バス停・路線マップ』https://bus-routes.net/ というサイト。
20190911-1.jpg

例えば、先日行ったわたらせ渓谷鐡道の通洞駅からJR日光駅までの日光市が運営している路線とか、神戸駅からダム湖の畔の国民宿舎へ行く、みどり市の路線なども調べられるので便利です。
20190911-4.jpg

さて、Amazonが教えてくれた「ローカルバスの終点へ」。
もちろんNetでいろいろ探しまして、単行本を買いました。やっぱり、面白いわ。
20190911-3.jpg

1987年から2年間雑誌「旅」に連載されたバス路線は、今はどれぐらい残っているんでしょうね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

わたらせ渓谷鐡道 駅巡り その3

駅鉄ミッション完了 主夫です。

沢入駅から通洞駅(つうどう)にやって来ました。
20190909-01.jpg

山小屋風の駅で、柱や梁を外に現したハーフティンバー様式が特徴です。
新しいのかな?と思ったら、れっきとした登録有形文化財。
わたらせ渓谷鐵道通洞駅本屋及びプラットホーム。大正元年/昭和11年改修。
20190909-02.jpg

こちらからの眺めも落ち着きあが有って、高原の避暑地のような佇まいですね。
20190909-03.jpg

改札のランプなんて、ランプふぇちの主夫の心を鷲掴み。
20190909-04.jpg

上り列車がやって来ました。駅の景色と列車のカラーが良くマッチしてます。
20190909-05.jpg

反対方向の下り列車に乗って、次の駅に。

終着駅の間藤駅(まとう)に到着。間藤駅は鉄道作家の宮崎俊三さんが国鉄完乗を達成した駅です。宮崎さんの著書『時刻表2万キロ』に書かれた路線のいくつかは廃線になっているけれど、こうやって残っているのは嬉しいです。
20190909-06.jpg

終端ですね。その先は足尾山本駅までの廃線跡があり、定期的にわたらせ渓谷鐵道が廃線跡ツアーを開催している様でした。
20190909-07.jpg

駅前にある古川キャスティック株式会社の入り口。この建物も古そうですね。
20190909-08.jpg

さて、間藤駅からひと駅散歩で、足尾駅に戻ります。なぜなら、足尾駅-間藤駅間には、登録有形文化財の第一松木川橋梁があるからです。

わたらせ渓谷鐵道第一松木川橋梁 大正3年。骨組みがとてもきれいな橋です。
20190909-09.jpg

解説文: 渡良瀬川とほぼ並行して足尾・桐生間に建設された旧足尾鐵道の施設。渡良瀬川上流に架かる橋長56m、単線仕様の鋼製3連桁橋で、桁はプレートガーダーとする。橋脚は頂部まで丁寧に石貼した石積躯体に、イギリス製の錬鉄トレッスル橋脚を載せる特殊な造り。

足尾駅近くまで戻ってきたら、トロッコわたらせ渓谷号がホームの入れ替え中でした。ラッキー!
20190909-10.jpg

足尾駅です。足尾駅本屋及び上り線プラットホームも登録有形文化財。大正元年/昭和13年改修。
20190909-11.jpg

解説文: 桁行20m梁間6.4m、木造平屋建、外装下見板張及び真壁造とし、東半を待合室、西半を事務室にあて、本屋北側に109m長のプラットホームを設ける。足尾鉱業所の中心地に所在し、沿線で最大級規模の駅舎。

ホーム側から。大正元年/昭和13年改修とは思えないほどの美しさです。大切に保存、活用されているんですね。
20190909-13.jpg

駅前には古河の工場で使用されていたディーゼルが置かれていました。ロッド式です。
20190909-12.jpg

トロッコわたらせ渓谷号は機まわし作業中。
20190909-14.jpg

出発準備完了。トロッコわたらせ渓谷号の始発駅が足尾駅なのは、間藤駅では機まわしができないから。機まわしが必要ないディーゼルカーのトロッコわっしー号は間藤駅が始発です。
20190909-15.jpg

さて、主夫も乗り込みます。 もしかして貸し切り?
20190909-16.jpg

通洞駅から親子連れが乗ってきました。よかったよかった。
20190909-17.jpg

やっぱり客車はいいね~。
20190909-18.jpg

緑のトンネル
20190909-19.jpg

本物のトンネルの中を走行中。インスタ映え?
20190909-20.jpg

田んぼの上には沢山の赤とんぼが飛んでいました。トロッコ列車は開放感が有って楽しいです。
20190909-21.jpg

赤とんぼも、ご乗車中
20190909-22.jpg

トロッコわたらせ渓谷号は大間々ままで。到着はあの0番線です。
大間々で乗り換えて、相老駅(あいおい)まで戻ってきました。東武桐生線との接続駅です。
20190909-23.jpg

そういえば、神戸駅のデラックス・ロマンス・カーは、この駅から回送したのかな?と思ったんだけど、線路が繋がっていないんです。いったい何処から?考えると夜も寝られなくなるんです。(古いか?春日三球・照代さん 面白かったなぁ~)

わたらせ渓谷鐡道の駅巡りはこれにて終了。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

わたらせ渓谷鐡道 駅巡り その2

蕎麦鉄ミッション完了 主夫です。

わたらせ渓谷鐡道の「神戸(ごうど)駅」からのつづき、
20190908-01.jpg

上りホームの向こう側に停車していたのはこんな車両で、静態保存されている感じ。
20190908-03.jpg

ホームには「列車のレストラン 清流」の看板が有りました。昔の車両をレストランとして使っているんですね。レストランはわたらせ渓谷鐡道の直営です。
20190908-02.jpg

元々の車両は東武鉄道1720型デラックス・ロマンス・カー「けごん」。4両目と5両目の車両が現在のレストラン清流になっているそう。「どちらか一方が先頭車だったら良かったのに~」と思うけれど、これでも十分嬉しいです。

20190908-00.jpg

車内は椅子の配置が変更されて、食堂車の様になっています。椅子は当時使われていたリクライニングシートのまま。
20190908-04.jpg

窓から外を見たら、駅やホームが見えて、本当の食堂車に乗っている気分が味わえます。国道沿いとか、公園などにも同じように車両を利用したレストランがあるけれど、やっぱり車両はこんな所に有って欲しいですね。
20190908-05.jpg

舞茸ごはん定食を頂きました。これで「蕎麦鉄」のミッションも完了。
20190908-06.jpg

車内の洗面台も使えます。トイレも様式に改装されていて、ちゃんとしたレストランに生まれ変わってました。
20190908-07.jpg

駅舎の中には「神戸山の幸ステーション はなもも」と言うお店が有りました。
お店の方の話によれば、お隣の国からの団体さんがキャンセルになったそうで…。
観光鉄道としては、外交問題がこんなところにも影響しているんですね。仲良くしなきゃいけないのに…。
20190908-08.jpg

そうそう、トロッコ列車だけではなく、普通列車も10分近く停車するので、お弁当や唐揚げなどが車内販売されます。

トロッコわっしー号を見送って、次の駅に向かいます。
20190908-09.jpg

沢入駅(そうり)に到着。
20190908-10.jpg

駅舎はログハウス風なんですが、ポストの上には郵便局の看板が。駅舎の中に簡易郵便局が併設されています。
20190908-11.jpg

沢入駅のお勧め
その1。上り線プラットホーム及び待合所
登録有形文化財。大正元年・昭和4年。
20190908-13.jpg

解説文: 両端を斜路状に築いた延長79mの石造構造物。線路側の擁壁は練積、軌道敷から高さ69㎝で、当初の姿を残す。中央に桁行5.5m梁間1.8m、木造平屋建、切妻造セメント瓦葺の待合所を設ける。

その2。下り線プラットホーム及び待合所
登録有形文化財。大正元年・昭和2年。
20190908-12.jpg

解説文: 上り線プラットホームと線路を挟んだ西側に位置する。延長99mで練積の擁壁とし、中央に上り線と同規模の待合所を設ける。線路側中央間を出入口とし、その他は腰板壁で、各間に引違いガラス戸をたて、明るく開放的な造りとする。天井を張らず小屋組を見せる。

その3。沢入駅はNHKの朝ドラ「半分、青い」の夏虫(なつむし)駅としてロケに使われました。ホーム上の花壇がとてもきれい。
20190908-14.jpg

その4。紫陽花。
地元の方々により2200株のアジサイが植樹されていて、7月にはアジサイ祭りも開催されます。今日も花後の剪定にみえてました。
20190908-15.jpg

枕木を使った構内踏切と、剪定作業のおばさん。ほのぼのしてますね。お疲れ様です。
20190908-16.jpg

いいですね~。
20190908-17.jpg

下り列車がやって来ました。
20190908-18.jpg

こちらは沢入駅から徒歩12分、850m下ったところにある第一渡良瀬川橋梁。
20190908-19.jpg

狙ってたんですが、ボケちゃいました。あはは~。
20190908-20.jpg

さて、次の駅へ。

つづく

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

わたらせ渓谷鐡道 駅巡り その1

駅鉄です 主夫です。

わたらせ渓谷鐡道にやって来ました。
わたらせ渓谷鐡道は紅葉の季節や春の花桃の時期が有名ですが、それだけではなく鉄にとっては古い駅舎の宝庫でもあるんです。1911年(明治44年)に足尾鉄道として部分開業していますから100年超えてます。

桐生駅から出発。桐生駅はJRに間借りですね。1911年に官設鉄道両毛線を借用とWikipediaにありましたから、店子歴も100年以上。こりゃ凄いわ。
20190907-01.jpg

終点は間藤駅(まとう)。今回は途中駅もいくつか廻ります。
20190907-02.jpg

大間々駅に到着。木造のホーム屋根がいい感じです。あれ?0番線ホームが有るんですね。
20190907-03.jpg
大間々駅本屋及び下り線プラットホームは登録有形文化財。昭和16・明治44/昭和4改修・昭和中期増築。

大間々駅の表玄関。ポストの横に「電話でバスのりば」とありますね。みどり市が運営する地域バスで、電話で予約するようです。
20190907-04.jpg

駅構内には留置線や検査場もあります。
20190907-05.jpg

さて、次に向かうとしましょう。
20190907-06.jpg

上神梅駅(かみかんばい)です。おお、駅舎が。
20190907-07.jpg

登録有形文化財。1912年(大正元年)建築、昭和初期増築。御年107歳。神掛かってます。
20190907-10.jpg

解説文: 足尾と桐生を結ぶ旧足尾鉄道の駅舎。桁行7間、南半を梁間3間の事務室、北半を梁間2間の待合室とした木造平屋建で、東・西・北面に1間幅の庇をめぐらす。東方には側面布積としたプラットホームを接続。鉱業で繁栄した往時の姿を今に伝える。

長い庇と待合室外側に固定されたベンチから昔の賑わいを想像できそう。
20190907-08.jpg

木製の窓枠に細い桟が良い姿です。
20190907-09.jpg

鬼灯の植木鉢なども置かれて、駅舎が大切にされているんですね。
20190907-11.jpg

手作りの座布団。
20190907-12.jpg

ホームの花壇も素晴らしいほど手入れされています。そしてゴミひとつ落ちていません。
20190907-13.jpg

桐生側が昭和初期に増築された部分でしょうか。コスモスもきれい。
20190907-14.jpg

何時間でもくつろげそうですが、列車が来ましたので次の駅へ。
20190907-15.jpg

乗客は私一人。貸し切りです。
20190907-16.jpg

神戸駅(ごうど)に到着。駅舎は1912年(大正元)/大正12増設・昭和5・昭和30頃改修。登録有形文化財。
20190907-17.jpg

駅舎の有る下りホームも大正元。上りホームは大正元/大正12改修。
本線側の擁壁は割石による間知石練積、支線側は玉石空積とする。客車停車部分のホーム高を嵩上げしているが、擁壁は当初の姿を保っている。とのこと。凄いわ~。
20190907-18.jpg

「トロッコわたらせ渓谷号」が入線してきました。DE10です。ディーゼル機関車が客車を引くのは今や珍しい。
20190907-19.jpg

こちらは「トロッコわっしー号」。あれ?奥にも車両が。
20190907-20.jpg

つづく

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR