FC2ブログ

Entries

Snapseed カミさんに先越されました

使えます 主夫です。

カミさんがSNSに投稿したパスタの画像。
IT系が苦手なカミさんにしては、テキスト加工もされていて、良い感じです。
聴けば、スマートフォンでの撮影セミナーで教えてもらったみたい。

20210208-1.jpg

使っているアプリはGoogle 開発のSnapseed (Google Play)
アンドロイドとIOS版があるみたい。
う~ん、PC版は無いんだ~。しょぼ~ん。
20210208-2.jpg

ならば、アンドロイド・エミュレーターをPCにインストールして、Snapseedを起動させようかな?とも考えたけれど…。
その前にGoogle Shopで検索したら、
Snapseed for PC Windows 提供元: https://www.jiofiberguide.in とか、
Snapseed for Chrome 提供元: Chrome とかがあるけれど、これらはなんだか怪しい。

というわけで、素直に デジカメで撮影 or スマホで撮影 ⇒ スマホに取り込み ⇒ Snapseedで加工 ⇒ PCに取り込み ⇒ 使い慣れたPhotoEditorで加工 という手順にしました。
常時使わないからいいかな。

先日の梅の画像。
20210208-3.jpg

なかなか使えますね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



パソコンの お助けSNSが来ました

転ばぬ先の杖 主夫です。

友人からSNSでパソコンのお助け連絡が来ました。
PCの調子が悪いので、先ずはデータのバックアップをしようとしたところ、途中でフリーズ。マウスもKeyも効かない。
Netで検索したら、「強制終了すると全てのデーターが失うも…」 とあり、心配したらしい。

20210131-1.jpg

バックアップは外付けのUSB-HDDに取っていたようで、そうなると考えられるのは2つ。
1.PC内蔵のHDDがご寿命。
2.外付けUSB-HDDがご寿命。

先ずは正常終了できる可能性を試すため、CTL-Alt-Delete keyを同時に押してもらって、タスクマネージャーを起動してもらいます。
20210131-2.jpg

ありゃ~、固まったままでNGとのこと。

こうなると、電源長押しで強制終了しかありません。再起動を祈るのみ。
20210131-3.jpg


その後、再起動して無事に起動したけれど、起動時間が長いとのことで、やはり内蔵のHDDが怪しいですね。
バックアップソフトでバックアップをするときは、HDD内の全データを取得しようと動くので、HDDのセクター不良領域を参照したときは、固まったてしまう可能性が非常に高いです。
今のうちに、必要なデータを個別にUSB-HDDにコピーするように伝えて、とりあえず一件落着。

さて、使っているPCはNEC製で、2013年11月に購入したっそうで、御年8歳。
長く持った方ですね。よく働きました。

NECがお気に入りとのことで、直販サイトを見ると値引きのキャンペーンやっていたり、
20210131-4.jpg

業務用向けのNECのサイトにはさらにお安い機種も有り、それぞれをご案内。
20210131-5.jpg

8年使うなら、新品買った方が良いですから。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

HDDも産業遺産になるんでしょうね。

やっぱり だめだこりゃ 主夫です。

カミさんパソコンのハードディスク:HDD故障。
マスターをバックアップのHDDから新規に購入した1TBのSSDに交換して、一連の復旧作業は完了。

壊れたHDDを念のためSurface Checkに掛けてみると、35行あるBlockイメージのうち、初めの1行内に5か所もRead Errorが有って、だめだこりゃ。

20210117-3.jpg

Checkで問題無ければ予備のHDDとして使おうかなと思っていたのだけれど、それもならず。分解してデータを読めなくしてから捨てるしかありません。

さて、今回買ったSSDも前回主夫PC世に買ったのと同じ『WD Blue 2.5インチ 内蔵SSD 1TB WDS100T2B0A』(Amazon) です。

20201222-1.jpg

でも、同じ店で買っているのに値段が違うんです。
買ったのはNojima Online。
前回は、注文日 2020/12/23で10,800円でした。
今回は、11,741円。 941円高いです。
価格.Com で価格の推移を見たら、12月上旬が1万円を切っていて最安値だったんですね。

20210117-1.jpg

さて、最近、半導体が不足して自動車の生産ラインが止まったりしているそうですが、半導体の価格は年々下がっています。SSDも同じで、数年前には1TBなんて、高くて買えなかったけれど、2019年頃に掛けて価格が下がり、2020年からはヨコヨコです。

ちなみに世界で最初のHDDは、1955年にIBM社が開発した「IBM-350 RAMAC」と言われてるそうで、こんなに大きいのに容量はわずか5MB。

20210117-2.jpg

そのうち、昔はHDDだったよね~ と、今は見なくなったフロッピーディスクの様に過去の産業遺産になるんでしょうね。

まぁ~ 主夫もこれからHDD壊れたら、全てSSDに交換します。
消費電力も少なくてエコだし。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

生きているうちに PCのHDDがご臨終寸前 

だめだこりゃ 主夫です。

カミさんがパソコンの調子が悪いと仰せです。
起動してからログイン画面になるまで1分、ログインしてからも動作が遅く、カーソルがグルグル回るだけらしい。
20200414-1.jpg

ハードディスク:HDDの調子が悪いのかな?と、CrystalDiskInfoで調べたら、健康状態は「注意」の黄色。

20210116-0.jpg

詳細項目を見たら、代替処理済のセクタ数だけじゃなく、保留中や回復不可能セクタ数まであって、こりゃご臨終寸前。ご危篤状態。
20210116-1.jpg

データが読める間に、フルバックアップを取得し、もう1本のバックアップHDDにフルコピーします。

コピー後、ブートHDDをバックアップに切り替えて起動すると…。
あれ?あれれ?

20210116-3.jpg

Wndowsのスタートメニューが表示されない。
キーボードの「田(Windows)」キーを押してもダメ。
さらに、数十秒ごとにExplorerがフラッシュして、表示しているフォルダが突然閉じてしまう。
こりゃいかん。

Windowsの初期インストールから始めなければならないのか?と思ったけれど、先ずは他の方法を試すことに。 Microsoft

管理者権限でDOSコマンドプロンプトを起動して、
1.イメージをスキャンして破損がないかどうかを確認します。
 Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
 パスしました。

2.破損が検出されていないかどうかイメージを確認します。
 Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
 パスしました。

3.イメージを修復
 Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
 「ソースファイルが見つかりませんでした」と出て全て修復できません。

4.Windowsの導入された別のUSBもしくはHDDを接続して、
 Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:D:\mount\windows /LimitAccess
 「ソースファイルが見つかりませんでした」と出まして…。
 症状は変わらず。

5.むりやりだけど、
 powershell
 パワーシェルを起動して、

 Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like "*SystemApps*"} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
を実行すると、いくつかのErrorも出力されるものの、
Windows のスタートメニューが表示されるようになり、正常となりました。

う~ん、結果オーライだけど、いいかぁ~。

6.とりあえず、不要ファイルのお掃除して、
 DISM.exe /Cleanup-Wim

7.再起動

8.BIOSでブートデバイスをバックアップHDDを上位指定に変更して完了。  

交換用のHDDはSSDにすることにしました。これも ぽちっとな。

コロナの感染対策で、リモートワーク70%と言われているけれど、パソコン壊れたら皆さんどうするのかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

外出自粛で暇なので、 パソコンのキーボード分解掃除しました。

やっぱり気持ちいい 主夫です。

最近パソコンのキー操作をしているとき、特定のキーのタイピング感触が悪くなりました。
すんなりストロークしてくれなくて、引っかかる感じ。
ちょっとのことだけどストレス溜まるので、分解して掃除することにしました。
20210107-1.jpg

キーボードのスイッチ部分はシート状になっていて、破れなども無いので問題ありません。
20210107-2.jpg

キーの裏側。プラスチックのボードにキーがはめ込まれてます。
20210107-3.jpg

小さめのラジオペンチを使ってキーの爪を挟み、キーを抜きます。
20210107-4.jpg

全て抜けました。汚いね~
20210107-5.jpg

あっ~~ 魔窟。パソコンしながらお菓子食べたりするので…。
20210107-6.jpg

キーの穴も中性洗剤をつけて全て洗います。
20210107-7.jpg

キーもひとつづつ歯ブラシと中性洗剤で洗います。
20210107-8.jpg

水洗いして乾燥。なんだか可愛い。
20210107-9.jpg

乾燥したらボードにはめ込みます。
20210107-10.jpg

配列は別のキーボードを見ながら全てはめ込みました。
20210107-11.jpg

組み立てて完了。
20210107-12.jpg

このキーボード。10年以上使っているけれど、全くの故障知らず。
これでカミさんの確定申告作業もサクサク出来そうです。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

バックアップソフトを見直しました フリーだけどね

ちょっとだけよ 主夫です。

先日間違ってぽちっとなして消してしまった「鉄」関連のデータ。
ほぼ復旧作業が終わったので、この際にバックアップソフトを見直しました。

これまで利用していたバックアップソフト「アイドル・バックアップ」はCPU負荷を判断してCPUの稼働状況が低い時にバックアップを行うものでした。
20201229-2.jpg

しかし、これはバックアップ速度が遅くなって…。原因はCPUの稼働率を正確に把握できなくなった様です。まぁ~WINDOWS10がサポートO.S.対象外なので仕方ありません。

新規に導入したのは、BunBackup http://nagatsuki.la.coocan.jp/bunbackup/index.htm

20201229-1.jpg

使うのに必要な機能はほぼ同じで、さらに多きくの機能を持っています。
バックアップ速度が速いので、バックアップ元を2つのバックアップ先にコピーするのも楽々です。

これなら間違ってぽちっとな しても3つのうちの一つには必ずデータが残っているので大丈夫だろう。
人間、失敗から学ぶことが大切です。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR