FC2ブログ

Entries

「危機の乗り越え方」 の提言は皆無

なんだななぁ~ 主夫です。

図書館に昨年から予約していた本の順番が回ってきました。
『コロナ時代の経済危機: 世界恐慌、リーマン・ショック、歴史に学ぶ危機の乗り越え方』(Amazon)

20210207-1.jpg

著者の一人が池上さんなので、突っ込んだ内容を期待していたんですが…。
大恐慌や第1時世界大戦後のドイツと冷戦後の状況を踏まえ、ドイツのメルケル首相のコロナ対策に対する賛辞は書かれているけれど、

本の題名にある【経済危機 歴史に学ぶ危機の乗り越え方】は全く無し。
特別給付金10万円の配布方法への批判だったり、マイナンバーカードで申請できずに郵送になったことなどが書かれているだけ。

【経済】に関する提言は一切ありませんでした。
これ? コロナ禍便乗サギ?なんじゃないの?と思ってしまいました。

2020年6月に書きおろされたらしく
「本書は書き下ろしです。内容は、2020年6月現在のものです。企画内容の一部は、テレビ朝日系列「大下容子ワイド!スクランブル」の池上彰と増田ユリヤ出演コーナーを参考にしました。」
とありまして、著者の2人が執筆しているのかどうかも怪しい…。

なんだななぁ~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



ねこと じいちゃん 360

ほっこり 主夫です。

時々見ているマンガのサイト『コミックエッセイ劇場』https://www.comic-essay.com/

その中でも好きなのが『ねこと じいちゃん』 最近7巻第4話が掲載されました
【クラシックカー スバル360】
20210205-1.jpg

スバル360。
いいねぇ~

スバル360といえば、昭和42年9月に発刊された「キンダーブック 第4集第6編の ちいさい あかい じどうしゃ」

20210205-2.jpg

昔実家に持っていたけれど、無くなってしまった絵本。

数年前に、友人がプレゼントしてくださいました。

20210205-3.jpg

いつよんでもほっこりするんですわ。

今の車って、目(ヘッドライト)がつり上がっていて、デザインも人を威嚇する様で、主夫は怖いんですぅ~~
 
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

「ヒトラーの正体」 を読む

どうなるのか? 主夫です。

1月20日のバイデン新大統領就任式も無事終わって、米国は180度政策転換の新政権が始まりました。
20210124-3.jpg

それでも、NIKKEI新聞の報道『「団結は愚かな幻想」か試練のバイデン政権1』 (NIKKEI)では、
「米CNNによると、共和党支持者の75%がバイデンの勝利は合法的ではなかったと考えている。民主党支持層は1%にすぎない。」 とのことで、国民の団結は簡単ではないようです。
20210124-4.jpg

そんな状況にあって、NETで取り上げられていた本「ヒトラーの正体」舛添 要一(著)(Amazon) を読んでいます。
20210124-1.jpg

理由は、トランプ前大統領の影響力がまだまだ残り、トランプ氏の取った施策がヒトラーが第1次大戦敗戦からドイツが再興するために実施した内容やイデオロギーと共通するものが有ると指摘しているからです。

まだすべて読んでないけれど、「国際システムの変遷」でほぼ100年単位で大きな戦争が起こり、その結果、次の覇権国が台頭する。そして、それは経済的な成長が裏付けされているということ。
20210124-2.jpg

第2次世界大戦が終わり、それまでの覇権国イギリスと挑戦国ドイツが争った結果。第3国のアメリカが次の覇権国になりました。そしてコロナ禍で世界が疲弊している今。覇権国アメリカは経済的にも低成長となり、国内は分断している一方で、中国はマスク&ワクチン外交でアフリカや東南アジアの諸国を取り込もうとしています。

話を本に戻し、ヒトラーが合法的に政権を獲った理由の一つは、600万人もの失業者を3年で完全雇用に近い状態にしたからだそうです。
つまり、国民は食べられなくなると、極右であろうと、極左であろうと、支持してしまうという事ですかね。

コロナ禍の今、そしてこれから、どうなるんでしょうか?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

「2020」後―新しい日本の話をしよう

便乗? 主夫です。

図書館で予約していた本『「2020」後―新しい日本の話をしよう』(Amazon)を読んでます。

20201028-1.jpg

著者の河合雅司 さんは、人口減少村対策総合研究所の理事長もやられているので、内容が少子化に関連付けるのは判るけれど…。
「2020後」に期待したのに、特にコロナ後の目新しいものはなく…。
もしかしてコロナ便乗?

まぁ~、これまで対策しなきゃとか、僅々の課題とかいわれながら進まなかった問題が、コロナで影響が顕著になって、一気に進展する可能性が高くなったとも言えるわね。

そうそう、雇用に関することなんだけど、
同一労働同一賃金で年功序列が無くなって、転職も盛んになる。もちろん終身雇用という昭和な雇用形態は無くなるのに、60歳定年⇒65歳定年になって、さらに70歳まで雇用延長で雇ってくれる企業なんて、これから無いでしょうに。

コロナで失業増えてるし、有効求人倍率落ちてるし、50歳になるとリストラ対象だし、再就職めちゃくちゃ難しくなるだろうし、再就職出来ても雇用調整で解雇されるし…。
これ、70歳まで雇用延長で働こう!という政府の方針は無理じゃね。

サラリーマンも会社に依存しないで、個人で生きていける方法を考えないといけないわけやね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

図書館の本から Youtubeへ発展

精進します 主夫です。

立命館アジア太平洋大学 学長の出口治明さんの本『戦前の大金持ち』(Amazon) を借りてきました。

20200729-1.jpg

主夫は出口さんが好きなんです。
そして、出口さん自らいろんな場面でおっしゃっている「ファクトで考える」「数字・算数で考える」という事が良く判るサイトを発見しました。

GLOBIS知見録 『出口治明が説く「これからの時代を生き抜く力」』(LINK)

20200729-2.jpg

講演の内容もさることながら、質疑応答の切り返し・回答が先鋭です。
講演のYoutube動画もあるので、お時間と興味のある方は見ててみてください。うだうだ言っているYoutuberよりもはるかに面白くためになります。

主夫も精進しなくっちゃ。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

一石 N鳥

ケチだけど何か? 主夫です。

コロナ禍以前に図書館に予約していた本が届きました。
1985年初版、日本語訳2005年出版、本文は240ページ、これをどうやって読むのか。

20200617.jpg

先ず読みたい章を目次で見つけてざっくり読みます。それによって、全て詳細に通読するのかどうかを決めます。通読すると決めて、さらに残しておきたいと思ったら古本を探します。
でも、この本は新刊で1,760円、古本でも1,550円(送料込)という価格です。

さらに、検索機能や、何度も読み返したいとなれば、セルフ電子書籍化します。
スキャナーで読み込み、文字変換してMS-WORDに落とし込む作業。240ページあるので、120回同じことの繰り返し。

でも、これによってスキャナーで読み込むときに1回、文字・文書間違いの校正時に1,2回、最終通読に1回の合計4回は読むことになり、理解が深まるというわけ。

さらに、WORD化した文書は横書きになるので読みやすい。漢数字も英数字になるので理解しやすいと、良いことづくめ。

そして、出費はゼロ円。
結局はそこ? あはは~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR