FC2ブログ

Entries

海外送金は SONY銀行

そりゃ高いでしょ? 主夫です。

ユーロッパに住んでいる姉から、「日本円をユーロに替えて送金して欲しい」との依頼がきました。
今までは本人が郵便局から送金していたのですが、車でも買うのか?お金が必要になったみたい。
20190806-2.jpg

そこで、この際にどこの銀行が海外送金に有利なのか調べてみました。
結論はソニー銀行です。
20190806-3.jpg

銀行以外にも手数料や為替スプレッドコストの低さを売りにしている業者もありますが、やはり信頼できる銀行で依頼したい。そこで、ゆうちょ銀行、楽天銀行、ソニー銀行の3行を比較しました。
都市銀行系や地銀系は元々為替コストが高いですし、インターネットBankingに対応していないところもあるので、検討から外しています。

各種手数料の比較は下記表のとおり。
20190806-1.jpg

楽天銀行は手数料750円の安さを売りにしていますが、為替コストが1.50円/ユーロと少し高めです。手持ちの外貨口座の残高を使っての送金はできず、必ず円口座からの振り替えとなります。

ゆうちょ銀行の為替コストに至っては、4.00円/ユーロと、お話にならないほど高いです。しかも、為替コスト、換算レートをNetでは公表していません。手続きできる郵便局の窓口も限られていて、町の小さな局では、取次のみとなり、為替コスト等の情報も持っていません。

一方、ソニー銀行は、保有している外貨預金口座の外貨をそのまま送金できます。なので、為替コストは0.12円/ユーロと激安です。また、ユーロに対して円高となっているときに予めユーロに換金しておくことも可能です。

例として、10,000ユーロ送金するとした場合、中間レートを120円/ユーロと仮定すると。必要な資金は、
 ソニー銀行 1,205,281円
 楽天銀行  1,216,811円 (+ 11,562円)
 ゆうちょ銀行 1,243,116円 (+ 37,835円)
となります。120万円送金するのに、4万円弱の差が生まれます。そりゃ高いわ。

ということで、ソニー銀行で送金しました。

そうそう、送金するには予め送金先の登録が必要で、自分のマイナンバー登録はもちろん、姉との関係を示す戸籍や住民票、姉の海外居住証明書、パスポートなど、各種証明書を提出しました。マネーロンダリング防止ですね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト

Twitterでまたやらかしました。 急激な円高

抑制不全? 主夫です。

またまた円高ですね。ここ1年ぐらいの為替は
最安値 2018年10月 1日 114.546円/$US
最高値 2018年12月31日 104.837円/$US
この時は、3か月で10円高くなりました。
20190803-1.jpg

その後、少し円安方向に動きまして、
最安値 2019年4月24日 112.398円/$US
でも、先週末は円高になり、
最高値 2018年12月31日 106.509円/$US
20190803-2.jpg

60分足で見てみると、FOMCまでは108円50銭付近でウロチョロしていましたが、パウエルFRB議長の0.25%利下げ発言でドル高方向に動きまして、
最安値 8月1日 9時 109.318円/$US
20190803-3.jpg

でも、もっと利下げすると思い込んでいたトランプ大統領がブチ切れ?たのか?
「残りの3000憶ドル中国製品に10%の追加関税を発動する」と、経済報告を受けたその場でTwitterして、一気に円高が加速、
8月3日 5時 106.549円/$US

もう、どうなってるんでしょうね?
トランプ氏は「株高と強いドル」が経済目標じゃなかったの?
突発的に感情を抑えられなくなって、Twitterしてしまったのか?それとも何か目算があってのことなのか?

ご乱心で核ミサイルのスイッチだけは押さないでほしいです。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

お江戸限定の 広告は?

う~ん判りません 主夫です。

お江戸で山手線に乗っていたとき、車内のモニターに田中貴金属工業の広告が映し出されていました。それも、イケメン系俳優を使った広告で、明らかに玄人さん相手じゃありません。

20190730-2.jpg

いったい、一般の方が田中貴金属工業は金やプラチナの現物を取り扱う企業だと知っているんでしょうか?
そして、従来から行っていた投資家向けの貴金属積み立てを、「田中貴金属の純金積立」と言う新しいブランドに変更して、新CMを6月8日(土)より関東地域での放映を開始したというのです。

ちなみに、2017年1月からの金価格の推移は下記の通り。
20190730-1.jpg

最近、やたらと上がっています。
これから始めてキャピタルゲインを狙うのはどうなんでしょうね?

そうそう、金取引と言えば気になるのが手数料です。
3万円を積み立てる時の手数料が月額600円。金の売り買い双方向の差額が475円。何もせずに金相場が同金額の時に売り買いするだけで、1,075円 3.584%の手数料を払うことになります。
かつ、積立中の金は信託するので、倒産したら終わりです。毎月金の現物が家に届くのではありません。

と考えると、銀行の積立貯金の様に行えるものじゃないと思うんですが、こんな広告を始めたところを考えると、そろそろ金価格も…

う~ん、判りません。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

日本人は知らない中国セレブ消費

バブルだわ 主夫です。

米国と中国の経済戦争に世界が巻き込まれ、日本では週末に参議院議員選挙。
そんな折、図書館に面白そうな本がありましたので借りました。
『日本人は知らない中国セレブ消費 日経プレミアシリーズ 新書』(Amazon)

20190719-1.jpg

2018/2/9の発刊で、そんなに古くないのもいいですね。

本によると、現在中国から来日する個人旅行の多くはプチセレブ階層らしく、都市部に住み、経済的にも中国のIT系新興企業が大きく成長したことや、不動産の価格高騰により、資産を大きく増やした層が拡大しているとのことでした。

そして、その層を顧客としてターゲットとする日本企業は、もっと彼らの要求する内容を理解すべきだと…。

中国の不動産価格に関して、三井住友銀行がレポートを出しています。
『中国住宅不動産市場の動向 2017年9月』(PDF)

レポートによれば、2012年1月を100とした上海、北京、広州、深セン等の1級都市の住宅販売価格は2017年8月には190。
20190719-2.jpg

平米当たりでは北京3.8倍。深セン5.5倍です。
20190719-4.jpg

その一方で、購入対象となる年齢層人口は頭打ち
20190719-3.jpg

こりゃ完全にバブルだわ。

不動産価格が暴落したとき、インバウンドの需要も剥がれ落ちるんでしょうか?
う~~ん。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

国内株式型投信の 運用成績に思うこと

自己責任 主夫です。

日経新聞に面白い記事が有りました『日本株投信 大手が苦戦 利回り、大型株で伸びず過去10年の運用 外資・独立系上位に』(Nikkei)

10年間の日本株を対象とした投信での運用実績を日経平均トータルリターン・インデックスと比較すると、それを上回ったのは19社中6社。それも、国内大手と言われる金融機関の生成績が振るわないという内容でした。
20190701-1.jpg

2018年10月7日のブログに書いた内容(こちら)は、独立系で、インターネットなどを通じて投資家に販売する「直販」を手掛けるところの成績がよいという内容でした(Nikkei)
20181007.jpg

どちらも同じ傾向であることが判りますね。

主夫の確定拠出年金は、これまで国内株式投信、外国株式投信、外国債券投信、元本保証預金に分散していましたが、日経平均トータルリターン・インデックスの10.04%なんて夢のまた夢。13年積み立てて、どうにかこうにか数千円の黒字になったのが先月。
20190616-1.jpg

だれなんだ!これからは、以前から? 貯蓄は「分散投資」だなんて言った奴は?
と、怒ってみても仕方ない。「自己責任ですよ」と言われるのが関の山。

なので、先月から全て元本保証型に変更しました。(こちら)

20190616-2.jpg

成績の良くない運用会社に必ず手数料を取られ、解約もできない。
成績の良い独立系の運用会社に乗り換えることもできない。
確定拠出年金の仕組みって、金融機関救済以外の何ものでもないと思ってしまいます。

よっぽど自分で全てコントロールしたほうが、運用実績がマイナスになっても真の自己責任ですから、その方がましかもね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

ふるさと納税 まだまだ裏街道 有るみたい

不公平じゃないの? 主夫です。

宮崎県高鍋町から、ふるさと納税の返礼品『おひさまミックスナッツ』の詰め合わせが届きました。

20190618-3.jpg

4種類のナッツ詰め合わせ1袋300g入りが4袋と、クルミ500gが1袋の合わせて1.7kg分で、このお値段がすごいです。
楽天市場で売られている値段は、
 4種のおひさまミックスナッツ300g 税込 1,380円。
 旅する生クルミ500g送料無料 税込 1,990円。
合計したら、7,510円。

これに対して寄付金額は10,000円ポッキリなんです。
総務省の通達に従えば、寄付金額が25,000にならないとダメなんですがね…。
1万円の寄付金が適正だと仮定すると、高鍋町は55%-OFFの価格で業者さんと契約していることになります。

主夫が寄付したのは6月の改定前の3月28日。さすがに、今はこんな高返礼率の寄付は無いだろうと、ふるなびサイト見てみたら…。
20190618-2.jpg

まだありました。8月末までに順次発送だそう…。

ちなみに、高鍋町からのお知らせとして、
 高鍋町はふるさと納税指定自治体です。 令和2年9月30日迄。
 総務省通知に基づき、平成30年8月1日(水)から一部返礼品の見直しを行います。
となってました。
20190618-1.jpg

5月26日付けの日経新聞記事(Nikkei)に掲載された仮免許自治体に高鍋町は入っていません。

これ、不公平じゃないの?

なんだかなぁ~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR