FC2ブログ

Entries

主夫は 自腹です

誰が負担? 主夫です。

コロナの影響でオフィスワークから在宅勤務に勤務形態が変わって、在宅型がこれからも定着しそうですね。
そんな状況のなか、先月の新聞に『在宅勤務費用、誰が負担? 備品代や光熱費支出増 公正なルール必要に』(Nikkei)
『在宅ワークの費用、だれが負担する? 就業規則で明確に』(Nikkei)という記事が有りました。(画像はNikkeiから)
20200611-2.jpg

記事によると、「在宅ワークで個人が負担するのは主に▽Wi-Fi設備などインターネットの設置費▽ディスプレーやパソコンデスクなど初期投資▽通信費用▽光熱費 などだ。」とのこと。

20200611-1.jpg

LINEやメルカリ、AGCなど、月5,000~1万円を在宅勤務手当として支給してくれる企業もあるようだけど、主夫は在宅勤務になってから2年半以上、1円の補助ももらっていません。
そればかりか、在宅勤務になった時に、通勤費用は清算して、今は無し。
会社から支給されているのは業務用のノートパソコン、携帯電話、外出時に使うモバイルWIFIルーター。の3つだけ。

でも、主夫はそれで十分だと思うんです。
その理由は、社員だけど、会社からのある程度の独立性を保ちたいから。

昭和の高度経済成長期から続く日本の雇用形態に、「社員は家族」的な考え方で、社宅、住宅手当、配偶者手当、扶養手当、福利厚生手当…。終身雇用を前提としたがんじがらめの制度によって、社員の転職・離職を防いできたわけだけど、これからはそんな時代じゃないと思うんです。

なので、▽Wi-Fi設備などインターネットの設置費▽ディスプレーやパソコンデスクなどの設備費▽通信費▽光熱費 は、自己負担が当然。転職してもそのまま使えるんだし、まして独立して個人事業主などになれば、当たり前。

これからは、雇う側も雇われる側も おんぶにだっこ の意識を変えることが必要じゃないかな。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR